■ 「弱虫ペダル」第3期の箱根学園4人のキャラクターデザインが公開

TVシリーズ第3期として2017年1月からスタートする「弱虫ペダル NEW GENERATION」より、主人公・坂道が所属する総北自転車競技部のライバルである箱根学園自転車競技部の4人のキャラクターデザインが解禁となった。

インターハイで坂道と激しいゴール争いを展開したライバル真波山岳、鍛え抜かれた筋肉を持つスプリンターで新チームのキャプテン泉田塔一郎、新チームの副キャプテンを務める黒田雪成、そして第3期からの新キャラクターとなる、202cmという長身を誇る新チームのエース候補の葦木場拓斗。気になる葦木場拓斗のキャストは後日発表される。

真波山岳 CV.代永翼
箱根学園1年生。普段はマイペースでどこか抜けている印象があるが、いざレースとなると凄まじい集中力を見せる天性のクライマー。自分が「生きていること」を実感できる“ギリギリの勝負”を欲している。

泉田塔一郎 CV.阿部敦
箱根学園2年生。鍛え上げた全身の筋肉を武器に「アブ!」の掛け声と共に突進するスプリンター。インターハイ王座奪還を目指す“ハコガク”の新キャプテンとしてチームを引っ張る。

黒田雪成 CV.野島健児
箱根学園2年生。代表選考レースで真波に敗れ、インターハイ出場はならず、その雪辱に燃えている。柔軟でしなりのある脚から生まれる走りでチーム屈指の実力を持ち、副キャプテンとして新チームをまとめる。

葦木場拓斗
チームの次期エースとも目される箱根学園2年生。不思議な言動が多い天然系だが、202cmという長身を大きくリズミカルにゆする“メトロノーム・ダンシング”走法は、爆発的な加速とスピードを生む。

「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」に連載中のコミックス累計発行部数1600万部突破のサイクルロードレース漫画が原作。アニメやゲームを愛する主人公のオタク少年・小野田坂道が仲間との出会いをきっかけに自転車競技の世界に足を踏み入れ、ライバルたちとともに熱いレースを繰り広げる物語が描かれている。

総北高校1年生の小野田坂道が所属するチーム総北が全国大会<インターハイ>で見事優勝を飾るまでを描いた、コミックス第27巻までにあたるTVアニメ第1期・第2期。TVシリーズ第3期では、コミックスの第28巻以降、引退する3年生の後を継いだ坂道たち“ニュージェネレーション=新世代”のチーム総北の戦いとドラマが繰り広げられる。

「弱虫ペダル NEW GENERATION」でも小野田坂道役を山下大輝さん、今泉俊輔役を鳥海浩輔さん、鳴子章吉役を福島潤さん、手嶋純太役を岸尾だいすけさん、青八木一役を松岡禎丞さん、杉元照文役を宮田幸季さん、寒咲幹役を諏訪彩花さん、寒咲通司役を諏訪部順一さん、橘綾役を潘めぐみさん、金城真護役を安元洋貴さん、巻島裕介役を森久保祥太郎さん、田所迅役を伊藤健太郎さんが演じる。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年11月26日(木)

2020年11月25日(水)

2020年11月24日(火)

2020年11月23日(月)

2020年11月22日(日)

予約受付中の人気作品