■ 「本好きの下剋上」最終話。マインは巫女見習いの話を断ろうとする

12月18日よりWOWOWほかにて放送されるTVアニメ「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」第13話「巫女見習いという選択肢」、第14話(最終話)「決着」のあらすじと場面が公開された。

▼第十三章「巫女見習いという選択肢」
神殿の巫女見習いになりたいと言うマインに、激怒するギュンター。神官や巫女見習いは孤児がなるもの。しかも神殿に住み込みで、きつい仕事をしなければならないらしい。マインは、巫女見習いになるのを諦めることにする。そして再び神殿へやって来たマインは、神殿長と神官長のフェルディナンドに、巫女見習いの話を断ろうとするが……。そこで思わぬことが起こってしまう。

▼第十四章「決着」
神殿に呼び出されるマインと両親。交渉次第では、貴族に近い扱いの青色巫女見習いになれるかもしれないと聞き、ギュンターはマインを守る覚悟を決める。そして、交渉の日。神殿長は、マインの両親の貧しい身なりを見たとたん、これまでの温和な態度を一変。両親の言葉には聞く耳をもたず、マインを差し出すよう命じる。断固として断るギュンター。そんなギュンターに神殿長が牙を剥く!

■TVアニメ「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」とは
著者:香月美夜先生/イラスト:椎名優先生の同名ノベルが原作。監督は本郷みつるさん、副監督は川崎芳樹さん、シリーズ構成は國澤真理子さん、キャラクターデザインは柳田義明さん・海谷敏久さん、アニメーション制作は亜細亜堂。

司書になる直前に亡くなってしまった女子大生が、兵士の娘・マインとして目覚めた先は中世ヨーロッパ風の異世界だった。本が読みたくても庶民には手の届かない贅沢品。「本が無いなら自分で作ればいい!」思い通りにいかない環境に苦戦しながらも前世の知識を活かし自分自身の手で「本」を作る事を決意し夢に向かって突き進む。本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー!

マイン役を井口裕香さん、神官長フェルディナンド役を速水奨さん、トゥーリ役を中島愛さん、エーファ役を折笠富美子さん、ギュンター役を小山剛志さん、ルッツ役を田村睦心さん、ベンノ役を子安武人さん、オットー役を日野聡さん、マルク役を前野智昭さん、フリーダ役を内田彩さんが演じる。

(C)香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年9月24日(木)

2020年9月23日(水)

2020年9月22日(火)

2020年9月21日(月)

2020年9月20日(日)

予約受付中の人気作品