■ 「SAOアリシゼーション WoU」20話。キリトとガブリエルが剣を交える

8月29日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」20話「夜空の剣」のあらすじと場面、予告が公開された。
アリスとともに、フラクトライトをイジェクトするためのコンソール《ワールド・エンド・オールター》――《果ての祭壇》へと向かうアスナ。キリトは2人がその場所へたどり着くまでの時間を稼ぐため、虚無と漆黒の化身となったガブリエルと対峙する。限界加速フェーズが始まるまでにガブリエルを倒し現実世界に戻らなければ、キリトはその後200年もの間を《アンダーワールド》で過ごすことになる。焦る気持ちを抑えながら、奇怪な姿へと変貌したガブリエルと剣を交える。

■TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」とは
原作小説第9巻から第18巻にかけて展開したシリーズ最高峰にして集大成の大長編「アリシゼーション編」がアニメ化。監督は小野学さん、キャラクターデザインは足立慎吾さん・鈴木豪さん・西口智也さん、アニメーション制作をA-1 Picturesが担当する。

《最終負荷実験》という名の、アンダーワールド全土を巻き込んだ《人界》軍と闇の軍勢の戦争。戦局は、《光の巫女》アリスの奪取を目論む《ダークテリトリー》軍ガブリエル一派と、アンダーワールドを守ろうとする《人界》軍アスナたちとの戦いへと様相を変えつつあった。
未だキリトが精神世界の奥深くで眠り続ける中、《闇神ベクタ》ことガブリエルは、現実世界から幾万もの米国プレイヤーたちをログインさせ、《人界》軍の一挙殲滅を狙う。対するアスナたちは、アンダーワールド創世の神の名を冠する3つのスーパーアカウントで抗戦する。
《創世神ステイシア》のスーパーアカウントを得たアスナは、《人界》軍とともに米国プレイヤーと死闘を繰り広げ、《太陽神ソルス》のスーパーアカウントを得たシノンは、アリスを拉致したガブリエルを追う。そして、《地神テラリア》のスーパーアカウントを得たリーファも、アンダーワールドへとたどり着く。
それだけではない。リズベットの気迫こもった檄に応じた《ALO》のプレイヤーたちが、鍛えあげたキャラクターをコンバートし、《人界》軍側へ参戦する!
この大戦はアンダーワールドの存続だけではない。究極のAIであるボトムアップ型人工知能、さらには人類の未来をかけた戦いでもある。そしてその行く末は、今は深く眠る一人の少年――《黒の剣士》が握っている。
《アリシゼーション》編 、ここに完結!

キリト役を松岡禎丞さん、アスナ役を戸松遥さん、アリス役を茅野愛衣さん、リーファ役を竹達彩奈さん、シノン役を沢城みゆきさんが演じる。

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年9月21日(月)

2020年9月20日(日)

2020年9月19日(土)

2020年9月18日(金)

2020年9月17日(木)

予約受付中の人気作品