■ 兄想いの深雪メインのスピンオフ漫画「魔法科高校の優等生」11巻

森夕先生の電撃大王連載漫画「魔法科高校の優等生」第11巻が9月10日に発売される。

佐島勤先生の人気ライトノベル「魔法科高校の劣等生」のスピンオフ漫画。「魔法科高校の劣等生」は2014年春・夏にテレビアニメが放送、劇場アニメが2017年6月に公開された。2020年10月よりTVアシリーズ第2期「来訪者編」が放送される。スピンオフ漫画では、妹・司波深雪を主人公に、深雪のブラコンっぷりや、兄とのいちゃいちゃが描かれる。

第11巻では九校戦編がフィナーレ。一高の生徒たちが喜びに沸く祝賀会のなかに達也の姿はない。裏で蠢いていた黒い影を討つべく動き出した兄に、深雪はただその身を案じることしかできず……。

・Amazon「魔法科高校の優等生(11)」
・Amazon「魔法科高校の優等生(11)」(※Kindle版)
ComicWalker「魔法科高校の優等生」

■TVアニメ「魔法科高校の劣等生 来訪者編」とは
原作は佐島勤先生、原作イラスト・キャラクターデザインは石田可奈さん、監督は吉田りさこさん、音楽は岩崎琢さん、アニメーション制作はエイトビット。

2095年10月31日。未観測の戦略級魔法によって、一国の軍事都市と艦隊が消滅した。《灼熱のハロウィン》と呼ばれたこの日から、世界は新たな戦略級魔法師の登場に震撼することになる。中でも「世界最強の魔法部隊」であるスターズを擁する北アメリカ合衆国(USNA)は危機感を募らせ、秘密裏に未観測の戦略級魔法と、その魔法を使用した魔法師の正体を暴こうと躍起になっていた。それから約二ヶ月後の12月24日。街がクリスマスの飾りとイルミネーションで賑わっているなか、達也たちは交換留学でアメリカに行くという雫の送別会に集まっていた。雫がアメリカに行く期間は三ヶ月。雫によると、彼女に代わって第一高校に来るのは、同い歳の女の子だという。同じ頃、USNAのスターズ基地では、一人の少女が第一高校への潜入調査に赴く準備を進めていた。彼女の名はアンジェリーナ=クドウ=シールズ。スターズ歴代最年少の総隊長にして、戦略級魔法ヘヴィ・メタル・バーストを操る世界最強の魔法師だった――。

司波達也役を中村悠一さん、司波深雪役を早見沙織さん、アンジェリーナ=クドウ=シールズ役を日笠陽子さん、千葉エリカ役を内山夕実さん、西城レオンハルト役を寺島拓篤さん、柴田美月役を佐藤聡美さん、吉田幹比古役を田丸篤志さん、光井ほのか役を雨宮天さん、北山雫役を巽悠衣子さん、七草真由美役を花澤香菜さん、渡辺摩利役を井上麻里奈さん、十文字克人役を諏訪部順一さんが演じる。

(C)2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校2製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年10月23日(金)

2020年10月22日(木)

2020年10月21日(水)

2020年10月20日(火)

2020年10月19日(月)

予約受付中の人気作品