■ 「放課後ていぼう日誌」11話。毒魚バリ(アイゴ)の味は処理次第?

9月15日よりAT-X、TOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「放課後ていぼう日誌」れぽーと11「キス」のあらすじと場面、予告が公開された。
放課後に、のべ竿でウキ釣りをしていた陽渚と夏海ですが、釣りあげたのはバリと呼ばれる魚。正式にはアイゴという、ヒレに毒がある危険な魚です。黒岩は「バリはうまい」と声をかけるのですが、夏海は磯臭いからとリリースしてしまいます。バリを食べたい黒岩は、美味しく食べられるよう大野に処理をお願いすると……。

■TVアニメ「放課後ていぼう日誌」とは
原作は小坂泰之先生の同名コミック。監督は大隈孝晴さん、シリーズ構成は志茂文彦さん、キャラクターデザインは熊谷勝弘さん、アニメーション制作は動画工房。

海野高校1年生の鶴木陽渚は生き物が苦手なインドア派。堤防を散歩中、先輩の黒岩と出会ったのをきっかけに謎の「ていぼう部」に入部させられ釣りをはじめることに! 個性的な部員たちに囲まれて、陽渚の高校生活どうなるの!?

鶴木陽渚役を高尾奏音さん、帆高夏海役を川井田夏海さん、黒岩悠希役を篠原侑さん、大野真役を明坂聡美さんが演じる。

原作コミックは第6巻まで発売中だ。

(C)小坂泰之(秋田書店)2017
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年9月21日(月)

2020年9月20日(日)

2020年9月19日(土)

2020年9月18日(金)

2020年9月17日(木)

予約受付中の人気作品