■ 「放課後ていぼう日誌」最終話。虫エサと疑似餌決定的な違いとは

9月22日よりAT-X、TOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「放課後ていぼう日誌」れぽーと12(最終話)「これから…」のあらすじと場面、予告が公開された。
放課後、夏海が部室へ向かう準備をしていると、陽渚から「先に部室行くね!」とメッセージが届きます。陽渚はずいぶんはりきっている様子で、誰よりも早くキス釣りの準備を終わらせていました。昨日釣れなかった原因を調べてみたところ、「虫エサと疑似餌では決定的な違いがあった」と語る陽渚。その違いとは……。

■TVアニメ「放課後ていぼう日誌」とは
原作は小坂泰之先生の同名コミック。監督は大隈孝晴さん、シリーズ構成は志茂文彦さん、キャラクターデザインは熊谷勝弘さん、アニメーション制作は動画工房。

海野高校1年生の鶴木陽渚は生き物が苦手なインドア派。堤防を散歩中、先輩の黒岩と出会ったのをきっかけに謎の「ていぼう部」に入部させられ釣りをはじめることに! 個性的な部員たちに囲まれて、陽渚の高校生活どうなるの!?

鶴木陽渚役を高尾奏音さん、帆高夏海役を川井田夏海さん、黒岩悠希役を篠原侑さん、大野真役を明坂聡美さんが演じる。

原作コミックは第6巻まで発売中だ。

(C)小坂泰之(秋田書店)2017
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年10月31日(土)

2020年10月30日(金)

2020年10月29日(木)

2020年10月28日(水)

2020年10月27日(火)

予約受付中の人気作品