■ 「ダンまちIII」5話。イケロス・ファミリアの魔の手がウィーネに迫る

10月30日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII」episode:05「惨劇の王者 ―イケロス・ファミリア―」のあらすじと予告、場面が公開された。
異端児(ゼノス)・リドたちの元にウィーネを預けることとなり、ウィーネと離れ離れになったベルたち。その一方で、異端児(ゼノス)たちは隠れ里を変えるため、幾つかの集団に分かれ移動を開始していた――。蜘蛛人(アラクネ)のラーニェの一団も、ウィーネを伴い移動していたが、ディックス率いる【イケロス・ファミリア】の奸計に嵌り、次々と惨殺され、ウィーネにも、その魔の手が──。

■TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか III」とは
著:大森藤ノ先生/ヤスダスズヒト先生のライトノベルが原作。監督は橘秀樹さん、シリーズ構成は白根秀樹さん、キャラクターデザインは木本茂樹さん、アニメーション制作はJ.C.STAFF。

冒険者たちが未知へと挑み、神々が興奮に沸き返る、世界で最も熱き街――迷宮都市オラリオ。その中心に鎮座するは、都市に限りなき富と栄華をもたらし、数多の混沌が潜む大穴――『ダンジョン』。その深淵にて、生まれ落ちた一体の怪物。 「……ここ……どこ……?」 人語を話す竜の少女をめぐり、都市はかつてない異常イレ事態ギュラーに巻き込まれていく。人と怪物モンスター。漫然と存在する価値観、常識は破壊され、冒険者ベル・クラネルと、女神ヘスティアに、決断の時が――これは、少年が歩み、女神が記す、ダンジョンの謎に迫る【眷族の 物語(ファミリア・ミィス)】――

ベル・クラネル役を松岡禎丞さん、ヘスティア役を水瀬いのりさん、リリルカ・アーデ役を内田真礼さん、ヴェルフ・クロッゾ役を細谷佳正さん、ヤマト・命役を赤崎千夏さん、リュー・リオン役を早見沙織さん、アイズ・ヴァレンシュタイン役を大西沙織さん、サンジョウノ・春姫役を千菅春香さん、ウィーネ役を日高里菜さんが演じる。

(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち3製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年12月1日(火)

2020年11月30日(月)

2020年11月28日(土)

2020年11月27日(金)

2020年11月26日(木)

予約受付中の人気作品