■ 「くまクマ熊ベアー」5話。市場でお腹をすかせた孤児たちと出会う

11月4日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「くまクマ熊ベアー」#05「クマさん、鶏(?)を育てる」のあらすじと場面が公開された。
市場で買い食いを楽しもうとしていたユナ。ふと、とある子どもたちが目につく。彼らは汚れた服を着て、ひどくお腹を空かせた様子だったのだ。彼らの住んでいるという孤児院について行ってみれば、その建物までもがボロボロ。この貧しい生活には、領主であるクリフが関わっているらしく――。

ゆるーい気持ちで見られるミニアニメ「べあべあべあくまー!」よんほんめが公開された。

■TVアニメ「くまクマ熊ベアー」とは
原作は著:くまなの先生/イラスト:029先生の同名ノベル。監督は信田ユウさん、シリーズ構成はあおしまたかしさん、キャラクターデザインは中野裕紀さん、アニメーション制作はEMTスクエアード。

悠々自適な引きこもりライフを満喫する美少女ユナは、VRMMORPG『ワールド・ファンタジー・オンライン』の廃ゲーマー。ある日いつものようにログインしてみると、なにか普段と様子が違う。もしかして......ここってゲームの中? それとも異世界? そして、その地に降り立ったユナの装備は『クマの服』『クマの手袋』『クマの靴』で固められていて――んん? くま......? クマ......? 熊......? ベアー......?
「なんじゃこれはーーーーーーっ!?」
クマっ子、爆誕!しかもこのクマ、ただのクマじゃない。世界最強クラスの魔法とスキルを秘めた、とんでもなくスーパーなクマだったのだ!そんな、世界征服だってできちゃいそうな強大な力を手にしたユナの目的――それは!? この世界でも、ひたすら楽しく自由気ままに生きること! 最強無敵なクマっ子による、クマな冒険とクマな日常の物語、始まります♪

ユナ役を河瀬茉希さん、フィナ役を和氣あず未さん、ノアール・フォシュローゼ役を日高里菜さん、シュリ役を富田美憂さん、ミサーナ・ファーレングラム役を天野聡美さんが演じる。

原作ノベルは第16巻まで発売中だ。

(C)くまなの・主婦と生活社/くまクマ熊ベアー製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年11月24日(火)

2020年11月23日(月)

2020年11月22日(日)

2020年11月20日(金)

2020年11月19日(木)

予約受付中の人気作品