■ 「魔女の旅々」8話。人形であふれた国で切り裂き魔事件の被害に

11月20日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「魔女の旅々」第8話「切り裂き魔」のあらすじと場面、予告が公開された。
人形であふれた国で、イレイナは魔法統括協会の魔女が切り裂き魔事件の聞き込み調査をしているところに遭遇する。首を突っ込むつもりのなかったイレイナだったが、なんと自分自身が次の被害者になってしまう。

■TVアニメ「魔女の旅々」とは
著:白石定規先生/イラスト:あずーる先生の同名ノベルが原作。監督は窪岡俊之さん、シリーズ構成・脚本は筆安一幸さん、キャラクターデザインは小田武士さん、コンセプトデザインは内尾和正さん、アニメーション制作はC2C。

あるところに一人の旅人がいました。彼女の名はイレイナ。若くして魔法使いの最上位「魔女」となった才女です。幼いころに読んだ旅の物語に憧れて、流されるように気ままな長い旅を続けています。この広大な世界を自由に渡り歩き、わけのわからない可笑しな人や、誰かの美しい日常に触れながら、彼女は旅人として、これといった目的もなく、色々な国や人との出逢いを繰り返します。そして同じ数だけのーー
「構わないでください。私、旅人なものですから。先を急がなければならないのです」
そんな魔女イレイナが紡ぐ、出逢いと別れの物語…。

イレイナ役を本渡楓さん、フラン役を花澤香菜さん、サヤ役を黒沢ともよさん、シーラ役を日笠陽子さんが演じる。

原作ノベルは第13巻まで発売中だ。

(C)白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年11月30日(月)

2020年11月28日(土)

2020年11月27日(金)

2020年11月26日(木)

2020年11月25日(水)

予約受付中の人気作品