■ 「ストライクウィッチーズRtB」最終話。絶望的な状況に陥る宮藤

12月23日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第12話(最終話)「それでも私は守りたい」のあらすじと場面が公開された。
ネウロイ軍団との大混戦の中、第501部隊から切り離されて孤立してしまった宮藤とバットンたち。ネウロイの猛攻を前に、絶望的な状況に陥る宮藤たちだが、彼女は決してあきらめようとしなかった。
「ここを守るために戦います!」「たった一人でか? 死ぬぞ」「それでも…それでも私は守りたいんです!」
激しい最終決戦の中、宮藤たちの運命、そして第501部隊とネウロイとの戦いの行方は果たして…!

■TVアニメ「第501統合戦闘航空団 ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」とは
原作は島田フミカネさん&Projekt Kagonish、監督は高村和宏さん、シリーズディレクターは髙橋秀弥さん、シリーズ構成はストライカーユニット、チーフライターは浦畑達彦さん、脚本はあおしまたかしさん・築地俊彦さん・鈴木貴昭さん・村上深夜さん・髙橋秀弥さん、世界観設定・軍事考証は鈴木貴昭さん、キャラクターデザインは高村和宏さん、サブキャラクターデザインは小野田将人さん・サトウミチオさん、アニメーション制作はdavid production。

突如出現した人類の敵「ネウロイ」に対抗するべく世界各国が連合軍を組んだ。ただし、彼らに対抗できるのは特殊な魔力を持った、少女たちだけだった…。遂に連合軍によるベルリン奪還作戦が始動し、再び結成される第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」、新たな501メンバーとして「服部静夏」も加わりネウロイとの死闘を繰り広げてゆく!果たしてベルリンの空を開放する事は出来るのか!?

宮藤芳佳役を福圓美里さん、坂本美緒役を世戸さおりさん、リネット・ビショップ役を名塚佳織さん、ペリーヌ・クロステルマン役を沢城みゆきさん、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ役を田中理恵さん、ゲルトルート・バルクホルン役を園崎未恵さん、エーリカ・ハルトマン役を野川さくらさん、フランチェスカ・ルッキーニ役を斎藤千和さん、シャーロット・E・イェーガー役を小清水亜美さん、サーニャ・V・リトヴャク役を門脇舞以さん、エイラ・イルマタル・ユーティライネン役を大橋歩夕さんが演じる。

(C)2020 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年6月24日(木)

2021年6月23日(水)

2021年6月22日(火)

2021年6月21日(月)

2021年6月20日(日)

予約受付中の人気作品