■ 「蜘蛛ですが、なにか?」11話。スキルで世界の真実知り不愉快

3月19日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」第11話「次回、決戦?」のあらすじと場面、予告が公開された。
新たな進化を遂げたものの、なんだか不愉快な「私」。それもそのはず、取得したスキルによって世界の真実を知ってしまったのだ。世界のうねりに巻き込まれないため、「私」は自分の“トラウマ”に向き合おうとする。

■TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」とは
著:馬場翁先生/イラスト:輝竜司先生の同名ライトノベルが原作。 監督は板垣伸さん、シリーズ構成は馬場翁さん・百瀬祐一郎さん、キャラクターデザインは田中紀衣さん、モンスターデザインは鈴木政彦さん・ヒラタリョウさん・木村博美さん、チーフアニメーターは吉田智裕さん、アニメーション制作はミルパンセ。

女子高生だったはずの「私」は目覚めると……なんと「蜘蛛」に転生していた! 周囲は毒ガエルや猿の化け物、果ては龍まで……って、コレもう詰んでない!? 種族底辺・メンタル最強女子の、迷宮サバイバル開幕!

「私」を悠木碧さん、シュン役を堀江瞬さん、カティア役を東山奈央さん、ユーゴー役を石川界人さん、スー役を小倉唯さん、フェイ役を喜多村英梨さん、フィリメス役を奥野香耶さん、ユーリ役を田中あいみさん、ユリウス役を榎木淳弥さんが演じる。

原作ノベルは14巻まで発売されている。

(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/「蜘蛛ですが、なにか?」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年6月12日(土)

2021年6月11日(金)

2021年6月10日(木)

2021年6月9日(水)

2021年6月8日(火)

予約受付中の人気作品