■ 「擾乱」6話。処刑人たちの生死やいかに…葛原は、浅陽は……

5月11日より日本テレビほかで放送されるTVアニメ「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」第二章「雪未だ降りやまず編」六話「機密事項六二三シノノメ」のあらすじと場面が公開された。
毒を飲んだ雪村。政府に消された花風。銃撃される月城。処刑人たちの生死やいかに。そして、葛原は、浅陽は……。

■TVアニメ「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」とは
< 監督は工藤進さん、シリーズ構成は根津理香さん、キャラクターデザインは小宮山楓乃さん、プロダクションデザインは山口順さん、音楽は未知瑠さん、アニメーション制作はBAKKEN RECORD。

時は、明治64年。舞台は、徳川慶喜が絶対権力を維持し続けている、もう一つの日本。国家は、独自のエネルギー源、“龍脈”を整備し、江戸時代と科学が混ざり合う、独特な発展を遂げた。しかし、そんな華やかな都市の裏で、革命の炎をくすぶらせ、政権打倒を目論む、反体制派組織クチナワが、うごめく。その駆除を任された、徳川政府の闇組織、「鵺」。幼い頃、家族を殺された雪村咲羽は、「鵺」の処刑人となり、その仇、蛇埜目を探し続けていた。

雪村咲羽役を三森すずこさん、月城真琴役を蒼井翔太さん、花風エレーナ役を:Raychellさん、中村浅陽役を伊藤彩沙さん、葛原仁役を小林親弘さんが演じる。

(C)擾乱製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年6月23日(水)

2021年6月22日(火)

2021年6月21日(月)

2021年6月20日(日)

2021年6月18日(金)

予約受付中の人気作品