■ 「ひげひろ」8話。兄が探しに来て今しかできないことを自問自答

5月24日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」第8話「夏祭り」のあらすじと場面が公開された。
高級車に乗っていた人物は、沙優の兄・荻原一颯だった。兄が仕事の多忙を押して沙優の消息を捜していたことは明白だった。沙優にとっては事態急変だが、実家へ戻るまでの猶予はもうほとんど残っていない。“今しかできない、本当にしたいこと”を自問自答する沙優。その時ふと目に入ったのは、夏祭りの告知ポスターだった。

■TVアニメ「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」とは
著:しめさば先生/イラスト:ぶーた先生の同名小説が原作。監督は上北学さん、キャラクターデザインは野口孝行さん、シリーズ構成は赤尾でこさん、プロデュースはドリームシフト、制作はproject No.9。

片思いした相手にバッサリ振られ、ヤケ酒をした帰り道、26歳のサラリーマン・吉田は路上に座り込む女子高生・沙優と出会った。べろべろに酔った吉田は、前後不覚のまま行き場のない沙優を一晩泊める。…翌朝、ふわりと美味しそうな香りに目覚めると、食卓には味噌汁が。
「おはよう」「なんだお前!!なんでJKが俺ん家に!」「泊めてって言ったら泊めてくれたじゃん」「…味噌汁」「昨日“毎日味噌汁を作ってくれ~”って」「ハァ!?絶対言わねェ!!」
家出をして行き場のない沙優を追い出すわけにもいかず、吉田は家事を条件に彼女の同居を認めることに…。こうして、家出女子高生とサラリーマンの微妙な距離がもどかしくもあたたかい、不思議な同居生活が始まった―。

吉田役を興津和幸さん、荻原沙優役を市ノ瀬加那さん、後藤愛依梨役を金元寿子さん、三島柚葉役を石原夏織さん、橋本役を小林裕介さん、結城あさみ役を川井田夏海さんが演じる。

原作ノベルは第5巻まで発売中だ。

(C)しめさば・KADOKAWA/『ひげひろ』製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年6月23日(水)

2021年6月22日(火)

2021年6月21日(月)

2021年6月20日(日)

2021年6月18日(金)

予約受付中の人気作品