■ 「ヴァニタスの手記」は7/2~。水瀬いのり、下地紫野、茅野愛衣ら

TVアニメ「ヴァニタスの手記」の放送情報が発表された。7月2日よりTOKYO MXほかにて分割2クールで放送される。2クール目の放送時期は後日発表。

TOKYO MX 7月2日より毎週金曜24:00~
とちぎテレビ 7月2日より毎週金曜24:00~
群馬テレビ 7月2日より毎週金曜24:00~
BS11 7月2日より毎週金曜24:00~
MBS 7月3日より毎週土曜26:38~
CBCテレビ 7月7日より毎週水曜26:35~
北海道放送 7月8日より毎週木曜25:58~
RKB毎日放送 7月8日より 毎週木曜27:00~
アニマックス ※初回放送日時は後日発表

パリの街を一望できるモンマルトルに集まった、ヴァニタスとノエ、そしてジャンヌ、ルカ、ドミニク達。蒼い月が浮かぶパリの街並みが描かれている。

ジャンヌ役を水瀬いのりさん、ルカ役を下地紫野さん、ドミニク役を茅野愛衣さん、先生役を石田彰さん、ムル役を小牧未侑さん、ダンテ役を木内太郎さん、ヨハン役を遊佐浩二さん、リーチェ役を久間梨穂さんが演じる。

ジャンヌ(CV:水瀬いのりさん)
“業火魔女”の異名を持つ吸血鬼(ヴァンピール)の少女。美しい容姿とは裏腹に、かつては処刑人(ブロー)として吸血鬼たちに恐れられていた。今はルカの騎士(シュバリエ)。

ルカ(CV:下地紫野さん)
吸血鬼の女王に次ぐ地位を持つ、礼儀正しい吸血鬼(ヴァンピール)の少年。ジャンヌと行動を共にし、兄を救うために“ヴァニタスの書”を求めている。

ドミニク(CV:茅野愛衣さん)
吸血鬼の名門貴族にて異界領主サド侯爵家の娘で、凛々しい佇まいと口調の吸血鬼(ヴァンピール)。ノエとは幼馴染であり、事あるごとに気にかけている。

先生(CV:石田彰さん)
ノエの師であり、“ヴァニタスの書”を探すよう手紙を送った人物。ノエの師であり、“ヴァニタスの書”を探すよう手紙を送った人物。

ムル(CV:小牧未侑さん)
ノエが連れている白くてもふもふな猫。オッドアイに首元のリボンがチャームポイント。

ダンテ(CV:木内太郎さん)
ヴァニタスがよく使う情報屋の青年。ヴァニタスいわく、金を出せば大抵のことはやるなんでも屋。

ヨハン(CV:遊佐浩二さん)
ダンテやリーチェと共に情報屋をしている眼鏡の青年。口調が特徴的。ダンテとリーチェに対してやや過保護気味。

リーチェ(CV:久間梨穂さん)
ダンテやヨハンと共に情報屋をしている眼鏡の少女。歴史学に知識が深く、そのことになると少し早口気味になる。

■TVアニメ「ヴァニタスの手記」とは
望月淳先生月刊がガンガン JOKERに連載中の19世紀パリ×吸血鬼×スチームパンク漫画が原作。監督は板村智幸さん、シリーズ構成は赤尾でこさん、キャラクターデザイン・総作画監督は伊藤嘉之さん、サブキャラクターデザインは中山知世さん、音楽は梶浦由記さん、アニメーション制作はボンズ。
これは、滅びゆく吸血鬼たちの物語。人間と吸血鬼が存在する19世紀フランス。吸血鬼の青年ノエは、吸血鬼に呪いを振り撒くという魔導書、“ヴァニタスの書”を探しにパリへと向かっていた。途上の飛空船の中でノエは、ある事件に遭遇する。その混乱の最中、ノエの前に現れたのは、吸血鬼の専門医を自称する人間・ヴァニタスだった。ヴァニタスの手には、ノエが探していた呪いの魔導書があり……。二人の出逢いにより、呪いと救いの吸血鬼譚が幕を開ける――。

ヴァニタス役を花江夏樹さん、ノエ役を石川界人さんが演じる。

ヴァニタス役を花江夏樹さん、ノエ役を石川界人さん、ジャンヌ役を水瀬いのりさん、ルカ役を下地紫野さん、ドミニク役を茅野愛衣さん、先生役を石田彰さん、ムル役を小牧未侑さん、ダンテ役を木内太郎さん、ヨハン役を遊佐浩二さん、リーチェ役を久間梨穂さんが演じる。

原作コミックは第9巻まで発売中だ。

(C)望月淳/SQUARE ENIX・「ヴァニタスの手記」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年7月27日(火)

2021年7月26日(月)

2021年7月25日(日)

2021年7月24日(土)

2021年7月23日(金)

予約受付中の人気作品