■ 「スーパーカブ」第11話。暗い冬…寒々しい街と平穏な日々が続く

6月16日よりAT-X、TOKYO MXほかにて放送されるTVアニメ「スーパーカブ」第11話「遠い春」のあらすじと場面が公開された。
小熊の家で夜ご飯を食べる小熊、礼子、椎の3人。後片付けの手伝いをする椎。「この冷たくて暗い冬を、どこかに消して欲しい」と懇願する椎に、出来ないと話す小熊。翌日も寒々しい街と平穏な日々が続く。

■TVアニメ「スーパーカブ」とは
著:トネ・コーケン先生/イラスト:博先生の同名ノベルが原作。監督は藤井俊郎さん、シリーズ構成・脚本は根元歳三さん、キャラクターデザインは今西亨さん、アニメーション制作はスタジオKAI。

「私には何もない。と思っていた。」
ひとりぼっちの女の子と、世界で最も優れたバイクが紡ぐ、友情の物語。山梨県北杜市の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味も無い、何も無い日々を過ごす彼女だが、ふと見かけた中古のスーパーカブを買ったことで、ちょっとずつ短調な毎日が変わり始める。

小熊役を夜道雪さん、礼子役を七瀬彩夏さん、恵庭椎役を日岡なつみさん、シノさん役を魚建さん、椎の父役を宮本崇弘さん、椎の母役を筒井真理子さん、担任教師役を原えりこさん、家庭科教師役を白須慶子さん、数学教師役を下鶴直幸さん、国語教師役を茅原実里さん、教頭先生役を星祐樹さんが演じる。

原作ノベルは第8巻まで発売中だ。

(C)Tone Koken,hiro/ベアモータース
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年6月17日(木)

2021年6月16日(水)

2021年6月15日(火)

2021年6月14日(月)

2021年6月12日(土)

予約受付中の人気作品